読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

ストーンサークル(環状列石)

 

ストーンサークル(環状列石)は、主に先史時代につくられた祭祀場であり、インド、アフリカ、ヨーロッパ、中東、東アジアなど世界各地でみられる。

その性格も様々で、墳墓の一部としてつくられたもの石自体が信仰の対象になっているもの聖域を囲む垣として設けられたものなどがある*1

日本でも東北や北海道を中心に存在し、その大きさも様々である。

 

私が初めて見たストーンサークルは、写真に写されたものだった。おそらく、イングランド湖水地方にあるスウィンサイド・ストーンサークルだったと思う。

それを見た時、なぜ石で囲んだ中には何もないのだろう?と不思議に感じた。

※ 参考→ Swinside  Stone Circle*2

 

スウィンサイド・ストーンサークルの造形は神秘的である。

上の参考記事によれば、このストーンサークルは直径29mの完全に近い円形をしており、50以上の石(55という意見もある)で形づくられている。また、教会建設に利用されるのを防ぐため、悪魔がこれらの石を地中に埋めたという言い伝えもあるようだ。

この言い伝えは、キリスト教伝播によりつくられたものだと思うが、そのように想像してしまう気持ちも理解できる。この造形を見れば、何か呪術的な意味を感じてしまうだろう。特に私にとっては、囲われた何もない空間の意味が気になる。

しかし、ひょっとしたらこれが造られた当時は、空き地の中には何かが設置されていたのかもしれない。

 

東京都町田市でも縄文時代につくられたストーンサークルが発掘されており、現在はそのレプリカが発掘現場の上に設置されている(下の写真)。

 

f:id:akichiniiko:20160511121910j:plain

(no.74 町田市田端環状積石遺構 / 東京都町田市)

 

なお、レプリカのある付近からは、同時代の集落跡や墓地などの遺構が発見されている。

このストーンサークルは、集団墓地の上に設けられており、現地の標識のよれば「死と再生に関連する祭祀を行った場」と考えられている*3。また別の標識によれば、このストーンサークルの幅は、東西に約9m、南北に約7mの楕円形をしている。そして、その東西に伸びる長軸上に富士山を望むことができ、冬至には蛭ヶ岳に沈む夕陽が見られるそうだ*4。この遺構については、これ以上調べていないので詳しくはわからない。しかし、おそらく当時は、天体の動きと人の魂が密接に関係していると考えられており、このストーンサークルは、死者の魂を再生させる装置として儀式に利用されていたのかもしれない。

 なお、ここでは上の写真のような大きなものの他に、小さなストーンサークルも発掘されている(下の写真)。

 

祭祀は、円の中の空き地に入って行われたのだろうか?それとも、そこは神聖な場として立ち入りが禁じられ、円の外で行なわれたのだろうか?

また、ストーンサークルをつくる時には、どのような基準で石が選ばれ、並べられたのだろう?

復元された石を眺めているといろいろな疑問が湧いてくる。 

  

f:id:akichiniiko:20160511121927j:plain

 (no.75 小さなストーンサークル: 町田市田端環状積石遺構 / 東京都町田市) 

 

 

*1:下中邦彦編『世界考古学事典 上』、平凡社、1979年、「ストーン・サークル stone circle」568〜569頁を参照。

*2:Swinside Stone Circle 'Photographers Resource' 

http://www.photographers-resource.co.uk/a_heritage/ancient/stone_circles/LG/Swinside_stone_circle.htm

*3:町田市教育委員会設置の現地標識による。

*4:町田市教育委員会ストーンサークル近くに設置した現地標識による。