空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。 (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

フィールドワークを中心にした空き地の研究を行ってます。 これまでたくさんの空き地を訪れ、それらを「機能」や「性格」をもとに分類したり、その魅力について考察してきました。 幼少の頃、空き地に「自由さ」や「神秘性」を感じていた経験が、研究のきっかけです。 くわしい動機や分類方法などについては、「空き地とは何か」(http://akichiniiko.hatenablog.com/entry/2016/03/15/142458)にも書いています。 I am a researcher of ‘akichi’ (vacant lots). I classify as below vacant lots in groups according to features that they have in common. I’m also interested in the way in which some vacant lots come into being. I feel spirituality in some vacant lots. 【学歴・職歴等】 ・武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程 修了 博士(造形) 博士論文:「熊野信仰をめぐる神秘性・霊性のイメージとその要素・条件」 ・同大学造形研究センターリサーチフェロー(2012年〜2019年3月) 【著書・報告書など】 ・『空き地学』vol. 2(全30頁、2018年11月「第二十七回文学フリマ東京」にて頒布。) ・『空き地学』vol.1(全26頁、2017年11月「第二十五回文学フリマ東京」にて頒布。) ・『空き地の風景学』(全80頁、小澤啓発行、ダンクセキ株式会社印刷、2015年。) ・「自然災害によって生まれた空き地 ー茨城県常総市鬼怒川決壊地、宮城県東松島市・石巻市の津波被災地ー」 (『造形と教育 武蔵野美術大学「教育学研究」ゼミナール報告書』第10号、武蔵野美術大学教職課程高橋陽一研究室、2017年1月。) ・「空き地の機能と分類」 (『造形と教育 武蔵野美術大学「教育学研究」ゼミナール報告書』第9号、武蔵野美術大学教職課程高橋陽一研究室、2016年1月。) など。
プロフィール
id:akichiniiko はてなブログPro
ブログ投稿数
104 記事
ブログ投稿日数
99 日
読者
125 人