空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

空き地とは何か?

 

空き地研究のきっかけ

 

私たちの周りにはさまざまな空き地がある。

住宅街にぽつんとある雑草の生えた空き地、長い間使われず放置された資材置き場

建物の解体後にできた更地森の中に自然に生まれた空き地等々…。

私は、幼少の頃から、これらのがらんとした場所が好きだった。

  

f:id:akichiniiko:20160119210333j:plain

 

幼少の頃、毎日家の近くにある広い空き地に通い、そこに息づく草花や虫たちを観察したり、誰かが捨てていった空き缶で遊んだり、雨のあとの水たまりを眺めたりしていた。

また、近所の雑木林には、なぜか木の生えていない一画があった。

私は長い間そこにも居続け、地面に落ちる木漏れ日のゆらめき、風が吹いて葉がこすれる音、林の奥まで続く木立の様子などを飽きること無く眺めていた。 

これらの楽しみ・遊びは自分が見つけたもので、誰かから与えられたものではない。

私は、このような遊びを人があまり来ない空き地で見出していた。

この経験がきっかけとなり、私は使われていないぽっかりと空いた場所の魅力を知るようになったのである。 

空き地は基本的に殺風景なため、一見するとどれも同じように見えるかもしれない。

また、その土地の関係者でないかぎり、特別の関心を向ける機会は少ないだろう。

しかしこれらの土地は、それぞれが固有の機能や性格を持ち、魅力を持っている。

 

ここでは、実際に訪れた様々な空き地たちを紹介しながら、空き地に関する様々な情報をまとめたいと思う。

そして、これらのフィールドワークや資料収集をもとに、空き地の分類を試み、空き地の魅力について考察を深めてみたい

 

 (冒頭写真:no.1 原風景の空き地 千葉県流山市

 (※さらに詳しい研究の動機については、祭祀場(さいしじょう)の空き地 – 御嶽について - 空き地図鑑  の後半でも述べた。)

 

 

「空き地」とは何か (1)  – 「空き地」という言葉の意味 

 

ここで扱う「空き地」とは、国語辞典に記されている「空き地」の意味とほぼ同じである。

国語辞典に記された「空き地」という言葉は、次の二つの意味に大別されている。

 

① 建物が建っていない土地。

② 利用されていない土地。

 

(『大辞林 第三版』*1、『大辞泉 増補・新装版』*2、『精選版 日本国語大辞典 第一巻』*3を参照。)

 

空間構造として空いている場所を指している。

そしては、利用の観点からみて機能していなかったり、目的が定まっていない場所を指し、「デッドスペース」とよばれることもある。

 

 また、「空き地(あきち)」に類する言葉として、「空地(くうち)」と呼ばれるものもある。

空地(くうち)」は、「空き地(あきち)」の同義語として使われる場合があるが*4建築学ではおもに「建物が建っていない土地」の意味で使われる。

 

つまり、②の観点からはむしろ利用目的が明確なものが含まれ、利用されている畑や駐車場、公園や道路なども「空地(くうち)」と呼ばれる場合があるのである。 建築学的な「空地」の意味については、おもにルールによってつくられる空き地 - 空き地図鑑も参照。)

 

このように、「空き地(あきち)」に類する言葉は、「空地(くうち)」や「デッドスペース」をはじめ、「更地(さらち)」、「オープンスペース」、「緑地(りょくち)」などと複数ある。

 

ここでは、これら「空き地」に類する様々な言葉が意味する場所を含め、基本的に前述の①、②のどちらか又は両方の意味に該当する場所は、すべて「空き地」と見なしたい。

 

しかしまた、の条件は範囲が非常に広い。たとえば、何かに利用されていない自然の状態のままの原野や砂漠、樹林地、水辺地なども①や②に該当する*5

したがって、ここでは基本的に、私から見て「空いている」と感じられた場所を中心に扱うことにする。ただし、これらの自然環境が空き地とみなされるケースがあることにも、一応留意しておきたい。

なお、の「利用されていない土地」も、原則的に「建物が建っておらず利用されていない土地」とし、ここでは廃墟そのものは扱わないつもりである。

 

 

空き地とは何か(2) – 「空いている」という感覚

 

前述したように、ここでは①建物が建っていない土地、②何かに利用されていない土地のいずれか又は両方の条件を満たす土地のうち、「空いている」と感じられた場所を中心に扱ってみたい。

 

そして、この「空いている」という感覚は、特定の何かが存在する場所(場合)と、それが存在しない場所(場合)とを比較することで生まれる。

 

たとえば、住宅街にある建物が建っていない土地や、敷地内の建物が建てられていない場所(庭や駐車場)は、建物に対して「空いている」とみなされる場所である。

また、森の中にある木の生えていない一画をみれば、周囲の樹々に対して「空いている」場所とみなされるだろう。

 

 このように、ある場所を「空いている」と感じるかどうかは相対的なものであり、「空き地」とみなされる場所も様々に存在することが予想できる。

それは、前述の建築学で使われる「空地(くうち)」の語義で触れたとおりである。

 

つまり、たとえば建築学に携わっていない人が、広々とした原野や砂漠などを見て、そこを「空き地」とみなすケースは少ないだろう。なぜなら、これらの場所は一つの独立した自然環境であり、何かに対して空いている土地とは感じにくいからである。

しかし、たとえば人口が増加している都市に住む者が、都市の外にある広大な原野や砂漠を見た場合はどうだろうか?そして、その者の職業が都市設計に関わる場合、これらの土地を未開発の「空き地」として捉える可能性があるだろう。この場合は、原野や砂漠も、都市に対して空いている土地とみなされるからである。

このように、「空き地」の定義は一つに定められるものではなく、人や状況次第であると考えられる。

 

ちなみに、私が「空いている」と感じ注目する空き地の多くは、周囲を何かに囲まれた空間で、囲まれた中には物がほとんど(あるいは全く)ない場所である。

 

空き地の分類について

 

現在、私が最も魅力を感じている空き地の種類は二つある。

一つ目は、幼少の頃に親しんだ原風景の空き地のように、特定の目的のもとで利用されていない土地である。

二つ目は、祭祀場としての空き地である。これは、たとえば沖縄の御嶽(うたき)のように、古くから祈りを捧げる空間として利用されてきた空き地である。

もちろん、これら以外の空き地も各々がある性格を持ち、時に魅力的である。

 

このように、ここでは様々な空き地を、それぞれの機能や性格をもとにして次の四つに分類してみたい。

 

・ 利用されていない土地

・ おもにルール(法律や慣例)によってつくられる空き地

・ 文化的機能をもつ空き地

・ 自然によって生みだされる空き地

 

 

分類方法の詳細については、それぞれの分類のはじめに記したい。

空き地の中には、四つの分類のうち、どれか一つに当てはまらないものや、判別しづらいものもあった。その場合、その空き地がもつ目立った一つの性格や、あるいは、その空き地がもつ魅力をもとに分類を試みている。

また、空き地の収集に際して必要があれば、上記四つ以外にも新しい分類をつくっていくつもりである。 

 

 

*1:松村明三省堂編修所編『大辞林 第三版』、三省堂、2006年(1988年初版発行)、24頁参照。

*2:松村明監修・小学館大辞泉』編集部編『大辞泉 増補・新装版』、小学館、1998年(1995年第一版発行)、24頁参照。

*3:小学館国語辞典編集部編『精選版 日本国語大辞典 第一巻』、小学館、2006年、56頁参照。

*4:前掲、松村明三省堂編修所編『大辞林 第三版』の700頁、および、前掲、松村明監修・小学館大辞泉』編集部編『大辞泉 増補・新装版』の740頁にそれぞれ記された「空地(くうち)」の記述は、ともに利用されていない土地と、建物が建っていない土地という二つの意味が記されている。

*5:「空き地」や「空地」は、「オープンスペース」や「緑地」などと同義に使われる場合がある。樹林地や水辺地も「緑地」や「オープンスペース」にあたるので、これも広義には空き地となる。