空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。 (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

薮薩御嶽(やぶさつうたき) 

沖縄県南城市の、海に面した崖の上に「薮薩御嶽(やぶさつうたき)」がある。

ここは琉球王国時代、国王の巡礼地の一つだった聖域だ*1

 

7月半ばの猛暑日那覇市から路線バスを乗り継いでこの地を訪れた。

事前に調べたところ、御嶽の近くに「Cafeやぶさち」があり、その裏手に御嶽の入口があるようだ。

カフェも良さそうだったので、当初はここで昼食を考えていたのだが、店の前ではじめて定休日だということに気づいた…

しかたがないので、そのまま御嶽に向かうことにする。 

とはいっても、地図が示している場所は完全な藪であり、御嶽の入り口が見当たらない。しばらく藪の前を、地図を眺めながら行ったり来たりしていた。

そして、ようやく、草に覆われて見えなくなっていた標識と細い獣道のようなものを見つけた。

入口には大きな蜘蛛が巣を張っている。つまり、今日はまだこの御嶽に入った者はいないようだ。

f:id:akichiniiko:20171222224526j:plain

クモの巣を払い、中に入ってみると、草に埋れた道が奥へ続いていた。

草の高さは腰以上あり、先が全然見えない。

途中で道が分岐しているところがあったが、当てずっぽうで選び、進むことにした。

 

周囲は静かで、自分の歩く音だけが聞こえる。 

本当にこの先に拝所があるんだろうか。あったとしても、草に埋もれて気付けないんじゃないか、などと考えながら歩いていた。

御嶽には、たいてい小さな切石香炉が置かれているだけで、お寺や神社のように目立つ人工物(鳥居、お堂、祠)が無いところも多いからだ。

 

f:id:akichiniiko:20171222224537j:plain

何度か蜘蛛の巣を払いながら、誰もいない藪の中を進む。

子供の頃、近所にあった藪や森を探検していた時を思い出し、気分が良かった。

そのうちに、はじめて少しだけ開けた場所に出た。 

f:id:akichiniiko:20171222224522j:plain

どうやら休憩所のようだ。

御嶽の中にこんな場所があるとは思わなかったが、今の時期、この環境で休む人もいないだろう。

しかし、何だか秘密基地のようで個人的には好みの空間だ。

今まで視界が遮られていて意識できなかったが、初めてこの場所が海に突き出た崖の上にあることがわかる。

 

 

f:id:akichiniiko:20171222224516j:plain

再び小道を行く。絵面は変わらないけど、一応進んでいる。

まだそれほど歩いていないはずなのに、次第に方向や距離がわからなくなってきた。

 

f:id:akichiniiko:20171222224539j:plainすると、今度は別の休憩所に出た。

こっちの方が、さっきの休憩所より見晴らしがいい。

海から心地よい風も吹いてくる。

ここで少し海などを眺めて一息つくことにした。

 

しかし、肝心の拝所になかなか辿り着かない。

この休憩所を後にして進んでみたが、行き止まりにぶつかり、仕方なく前の分岐点まで戻ることにした。

ところが、いざ分岐点に着くと、自分がはじめにどの道を通って来たのかわからなくなってしまった。どの道も、地面が見えないくらい草に覆われ、区別がつかないのだ。

そのあと適当に進んだところ、入口に戻ってしまった…

まるで、子供の頃に流行っていた巨大迷路を体験しているようだ。

 

f:id:akichiniiko:20171222224557j:plain再チャレンジして、今度は分岐点から別の方向に進んでみた。

この辺りの藪道が魅力的だったので、来た甲斐があったなと思っていたが、そうこうしているうちに、ついに拝所に辿り着くことができた。

 

f:id:akichiniiko:20171222224410j:plain

ここが藪薩御嶽の拝所(うがんじゅ)である。小道と同じくらいの幅の空き地に、ポツンと香炉などが置かれている。しかし、それ以外には目につくものは何もない。本当にさりげなく、藪の中に佇んでいる。(※自分が訪れた時は、草が最も伸びている時期だったのだろう。他の人のブログをみると、普段ここは、小道より広く空き地が取られているようだ。)

 

f:id:akichiniiko:20171222224602j:plain小さな香炉と供え物の器が置かれていた。また、花などが供えられているのにも気がついた。つい最近も人が訪れ、祈りを捧げていたのだろう。 

  

f:id:akichiniiko:20171222224604j:plain

この御嶽で印象深いのは、草木の鮮やかな緑色小道に落ちる木漏れ日と陰影藪の隙間から見える空、それに、静けさである。

これまで私が訪れた御嶽の多くは、日光が直接当たらない鬱蒼とした場所にあった。そのため、どちらかといえば御嶽について暗い印象を持っていた。

しかし、ここは樹木がまばらにしか生えておらず、どの場所でも日の光を感じられる。

もちろん、この御嶽には、他の御嶽で感じたような怖さや緊張感がないわけではない。しかし、このような、からっとした爽やかな雰囲気、清らかさのようなものの印象が強いのだ。

また、この御嶽の魅力はもう一つある。

御嶽を歩いていると、高い位置にある藪の隙間でも、低い位置にある隙間でも、いつもそこに空が見えていた。

これにより、この迷路のような聖域全体が、あたかも空中に浮かんで存在しているように感じられたのだ*2 

沖縄の御嶽(拝所)は、まだ十数箇所しか廻っていないが、ここは、友利御嶽東の御嶽に並んで、強く記憶に残る場所となった。

(no.156 薮薩御嶽 / 沖縄県南城市

 

 

 

*1:湧上元雄、大城秀子『沖縄の聖地』、むぎ社、2010年(1997年第一刷)、49頁参照。

*2:後日、この御嶽の見取り図(前傾、湧上元雄、大城秀子『沖縄の聖地』、48頁。)を参照した限りでは、分岐道はなく単純なつくりになっているようだ。近年、遊歩道が造り直されたのかもしれないが、付近一体は広い藪なので、本来道ではないところを進んでしまったのかもしれない。