空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。 (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

使われていない建物と空き地

f:id:akichiniiko:20171004002835j:plain

人が住まなくなった家では、庭や駐車場が荒れ、そこが独特の佇まいの空き地になっていることがある。

上の写真は廃屋の隣にあった空き地である。

空き地のほとんどが雑草に覆われているが、手前には少しだけ砂利の敷かれた部分が見える。おそらく、かつてここは家の駐車場として使われていたのだろう。

建築家の小西敏正氏は、「住まいの玩具箱 時間軸で見た住宅 廃屋と空地」の中で、使われていない建物と空き地の関係について述べている*1

そこでは、過疎化地価の変動自然災害などの様々な理由で建物が無人化し、やがて廃墟となり、最後に空き地になるケースを紹介している

ここで述べられているおもなケースは次の二つである。

 

①木造の建物が経年によって徐々に朽ち、やがて自然倒壊し、そこが空き地になるケース。

②廃屋が人の手によって取り壊され、新たに空き地ができるケース。

 

ここでは、おもに上の二つのケースが挙げられているが、建物に付属する土地(庭や駐車場)が荒れ、使われない空き地になっているケースについては詳しく述べられていない*2

しかし私は、空き地の一つの姿として、このような使われなくなった庭や駐車場にも魅力を感じる。 

また、小西氏は新興住宅地の空き地について、「一度人の暮らしが染みついた空地と違って何故か明るい。」*3と述べている。

私も様々な空き地を訪れた経験から同じように感じており、開拓されたばかりの地域と、人が住み続けてきた地域とでは異なる印象を抱いている。

とりわけ、空き家や廃墟に付属する空き地に訪れると、過去に住んでいた人たちの思念がそこに残されているようで、独特の暗さを感じるのだ。

空き地に残る何かの痕跡や隣に建つ古い家を眺めていると、住んでいた人の年齢家族構成立ち退いた理由などについて想像してしまうからだろう。

しかし、これらの空き地は単に「暗い」わけではない。

それぞれが建物に関わる歴史(物語)を持っており、その佇まいは場所によって微妙に異なるからだ。

(冒頭写真:no.212 東京都板橋区 

 

物干し台のある空き地

f:id:akichiniiko:20181015225811j:plain

この空き地は、左隣の家の庭だと思われるが、人が住んでいる様子はみられない。

取り残されたような物干し台が印象的である。

f:id:akichiniiko:20181015225718j:plain

家と庭の全景。家はひっそりとしている。

f:id:akichiniiko:20181015225931j:plain

一階の左側にはガラスドアと装飾テントの骨組みが確認できる。おそらく、かつて一階が何かの店や事務所として使われ、二階が住居だったのではないだろうか。 

f:id:akichiniiko:20181015225804j:plain

乾いた砂利の地面、白い何かのカケラ、使われなくなった物干し台、セイタカアワダチソウらしき植物、トタンづくりの古い家…。

これらがガランとした雰囲気を際立たせ、立ち退いた後の寂しさを感じさせる。それとともに、人が住んでいた時のことを色々と想像させてもくれる。 

f:id:akichiniiko:20181015225743j:plain

敷地の奥には関東鉄道竜ヶ崎線)の線路が通っている。

通過する電車を背に、洗濯物を干すかつての住人の姿が目に浮かぶようだ。 

(no.213 茨城県龍ケ崎市

 

畳が敷かれた空き地 

f:id:akichiniiko:20181015230246j:plain

空き家の隣に三角形の空き地が取り残されていた(右側の砂利道は別の住家に続いている。)

一見、この空き地は宅地開発の過程で余ってしまった土地であり、この家に付属する土地ではないように思えた。 

f:id:akichiniiko:20181015230352j:plainf:id:akichiniiko:20181015230358j:plain

ところが、近づいてみると、地面に畳が何枚も敷かれているのを発見した。

この畳は、家を閉鎖した際に業者が部屋から出したものかもしれない。あるいは、かつての住人が畳の張替えのタイミングに合わせて、防草シート代わりに敷いたとも考えられる。

いずれにしても、この空き地は隣家に付属する土地と言えそうだ。 

f:id:akichiniiko:20181015230523j:plainf:id:akichiniiko:20181015230534j:plain防草シートの効果を期待して敷かれたようだが、雑草が突き抜け、すでに効果は失われている。

f:id:akichiniiko:20181015230555j:plain

空き家の出入り口はベニヤ板で閉ざされていた。そして、その上の壁面には、文字が書かれた痕が薄く見える。

また、この家の左隣には、シャッターが下りたトタン小屋もあった。きっと、これらの建物はセットになっていて、何かの店だったのだろう。そして、右の家の二階が住居になっていたと推測できる。

(no.214 茨城県龍ケ崎市

 

工事会社跡地

f:id:akichiniiko:20181029191318j:plain f:id:akichiniiko:20181024160652j:plainここは工事会社の跡地とみられ、事務所兼作業場と思われる建物が残されていた。

囲いのロープには、子供が中で遊ばないように赤い標識が付けられている。

f:id:akichiniiko:20181029191452j:plain砂利が敷かれたこの場所は、駐車場兼資材置き場だったのではないだろうか。

f:id:akichiniiko:20181106173541j:plain 建物一階の右側には、半分くらいツタに覆われたハシゴらしきものが見える。おそらく、二階に続く階段が経年により崩れてしまったのだろう。

f:id:akichiniiko:20181023221255j:plainガレージにある車も気になる。ここを立ち退く前から壊れていたのだろうか。

f:id:akichiniiko:20181023221541j:plainf:id:akichiniiko:20181023221546j:plain屋外には資材や道具が取り残されていた。

白いソファはあまり汚れておらず、長い間放置されているようには見えない。ひょっとしたら、最近不法投棄されたものかもしれない。

f:id:akichiniiko:20181023221611j:plain空き地の手前側(道路側)にはマンホールがあった。これは、ちゃんとここに設置されたマンホールだと思われるが…

f:id:akichiniiko:20181023221619j:plainこれは中から雑草が生えてきているので、蓋の部品が置かれているだけだろう。少し調べたところ、ここは水まわり専門の工事会社だったようだ。

(no.215 茨城県龍ケ崎市

 

 廃墟前の空き地

f:id:akichiniiko:20181023145502j:plain廃墟の横にあった空き地である。 

f:id:akichiniiko:20181023145641j:plain写真の右側には特徴的な形の屋根があり、その下はツタに覆われてしまっている。

そして、この建物の出入り口がどこにも見あたらなかったので、このツタに覆われた場所が玄関だったと考えられる。そうだとすれば、この空き地は玄関前の庭か、あるいは駐車場だったのだろう。

また、空き地の手前(道路に面した所)には松の木が植えられていた。つまり、ここが庭だったとすれば、日本庭園風につくられていたと推測できる。しかし、注意深く地面を見てみても、雑草ばかりで、飛び石や縁石などの痕跡は見当たらなかった。

f:id:akichiniiko:20181023150219j:plain屋根はずり落ちてきており、今にも崩れそうである。

建物を侵蝕しているのはツタだけでなく、他の植物のツルも二階まで届いていた。

f:id:akichiniiko:20181023145258j:plain空き地と廃墟の全景。廃墟の右隣にある建物も空き家になっているようだ。

f:id:akichiniiko:20181023145848j:plain空き地に接する左側の建物は、半分コンクリート、半分木造にみえる。

 

f:id:akichiniiko:20181023143237j:plainおよそ2年半後に、もう一度訪れてみた。

夏だったので、壁面のほとんどが植物で覆われていた。

f:id:akichiniiko:20181023143325j:plain玄関部分の屋根は完全に崩れてしまっていた。 

 (no.216 茨城県龍ケ崎市

 

壊れた小屋付きの空き地

f:id:akichiniiko:20181015230643j:plainf:id:akichiniiko:20181015230712j:plain広めの空き地の中に、壊れた小屋がポツンと建っていた。おそらく、この空き地は資材置き場などに使われていたのだろう。

f:id:akichiniiko:20181015230738j:plainf:id:akichiniiko:20181106204235j:plain

空き地の中央辺りには雑草の生えていないスペースがあり、ぬかるみ対策か雑草対策と思われるマットが敷かれていた。また、近くには砂利が敷かれた跡もある。

かつては、空き地の中に土砂、コンクリートブロック、工事用の足場などが置かれ、トラックが行き来する光景がみられたかもしれない。

f:id:akichiniiko:20181106173916j:plain空き地の端にある壊れた小屋。

近くにはドラム缶やプラスチックケースなどが散乱している。この小屋は、これらの資材や道具をしまう倉庫だったと考えられる。

しかし、市販のプレハブ物置ではなく、ブロックを積み上げて手づくりされている所が魅力である。このブロックは、家の塀などに使われるものと同じもののようだ。

そして、壁にはちゃんと窓枠やドア枠もつけられている。また、壁面の上には、屋根の土台らしき朽ちた木材が置かれている。勝手な想像だが、ここにトタン屋根が葺かれていたのではないだろうか。 

(no.217 茨城県龍ケ崎市

  

閉鎖された団地と空き地  f:id:akichiniiko:20181103174743j:plainこれは閉鎖された団地(公務員住宅)の管理事務所である。この建物の前の庭も、使われない空き地になっていた。

f:id:akichiniiko:20181104213041j:plain

事務所には庭に面してウッドデッキが設けられ、空き地の右奥には物置きや粗大ゴミらしきものも見える。

そもそも、管理事務所の庭は、一般的に何に使われる場所なのだろうか?小規模な集会に使われたり、団地内の催し物(夏祭りなど)の際に道具置き場などとして使われるのだろうか?

なお、この団地は数年前に取り壊されてしまい、今は新しいものに建て替えられている。

f:id:akichiniiko:20181103213451j:plain解体前の団地の様子。周囲には柵が立てられ立ち入りは禁止されていた。 f:id:akichiniiko:20181103174910j:plain手前2棟が閉鎖された公務員住宅。一方、写真の奥に建つ高い建物は、最近建て替えられた新しい公務員住宅である。

解体を待つそれぞれの棟の前には、使われなくなった植栽スペースや道路があり、空き地として注目できた。しかし、残念ながら公道から撮影できたのはごく一部である。

f:id:akichiniiko:20181103174839j:plain各棟の壁には、青、紫、黄などの色が付いている。

f:id:akichiniiko:20181103213101j:plainf:id:akichiniiko:20181103213106j:plain通りから見える各部屋の様子。荒れているわけでもなく、ガランとしていて良い雰囲気だ。

f:id:akichiniiko:20181103213123j:plain一階の窓には、誰かが侵入しないようにベニヤ板が張られている。f:id:akichiniiko:20181103213216j:plainf:id:akichiniiko:20181103213312j:plainf:id:akichiniiko:20181107143444j:plain柵の中に広がる空き地。社会的な機能を失ったこの空間は、なぜか聖域のような雰囲気があり、思わず入ってみたくなる。 

f:id:akichiniiko:20181107141434j:plain空き地内の様子で印象的だったのは、樹木たちの生き生きとした姿である。人の営みが消え、時間が止まったかのような場所で、一際目を引く存在になっていた。

f:id:akichiniiko:20181107141444j:plainおそらく建物の解体とともに切られてしまう運命なので、剪定されずに放って置かれているのだろう。その結果、年々大きくなり、自然に美しい樹形になったようだ。

f:id:akichiniiko:20181103213449j:plainf:id:akichiniiko:20181103213414j:plainf:id:akichiniiko:20181103213432j:plainf:id:akichiniiko:20181103175250j:plain

管理されていないせいか、中には立ち枯れた樹木もあった。

一方、地面には思ったより雑草が生えていない。

以前、同じ団地の駐車場を「使われていない駐車場2」で紹介したことがあるが、そこには敷地内で作業をする人の姿が写されている。つまり、閉鎖されてからも、定期的に草刈りだけは行われていたのだろう。

※ 参考→ 使われていない駐車場 2 - 空き地図鑑

 (no.218 東京都小金井市 

*1:以下は、小西敏正「住まいの玩具箱 時間軸で見た住宅 廃屋と空地」(建築思潮研究所編『住宅建築』320号、建築資料研究社200111月。)を参照してまとめた。

*2:同上。ただし、ここでは荒れた庭の隣に立つ廃屋や、建物跡地の空き地の写真が複数枚掲載されている。

*3:同上、小西敏正「住まいの玩具箱 時間軸で見た住宅 廃屋と空地」。