空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

余ってしまった土地

サービスエリアの無用空間

f:id:akichiniiko:20170519204410j:plain 

上里サービスエリア(埼玉)の建物裏に、魅力的な佇まいの空き地があった。

このサービスエリアには、ガソリンスタンド、カフェ、レストラン、ベーカリー、土産物売り場、休憩所、ATM、宝くじ売り場まであり、施設内は人が多く賑やかだ。

しかし、ここは対照的にがらんとしている。もちろん、何か利用に供する場所ではないだろう。

そして、その「忘れられた場所」「無用の空間」という雰囲気がとても良い。

 

f:id:akichiniiko:20170805175908j:plain

左の施設はカフェだったと思うが、そこから出たであろう不要な看板が、がらんとした雰囲気を引き立てている。

 

f:id:akichiniiko:20170801225832j:plain

施設敷地内の空地。

晴天のもと、光が射し込む隙間の空き地も魅力的である。

撮影したのは真夏だったが、ここは適度に日影があって涼しかった。

しばらくぼんやり佇んでいたくなる場所だ。 

このサービスエリアの面積は広く、前述のとおり既に様々な施設が完備されている。

そのため、今後もこの空き地が開発される可能性は低いだろう。 

(no.140 上里サービスエリア内の空き地 埼玉県児玉郡) 

 

 ゲーセン駐車場の余った土地

f:id:akichiniiko:20170801120303j:plainf:id:akichiniiko:20170519210100j:plain f:id:akichiniiko:20170801120257j:plain

ゲームセンターの駐車場の一画に、余ってしまったと思われる土地を発見した。

ここには、まだ何台か駐車できそうなスペースがある。しかし、駐車場はすでに十分な広さがあるので、この空き地まで開発する必要はなかったのだろう。

敷地の形が四角形でないと、大抵このように端の部分が余ってしまい、「無用の土地」として放置される運命にある。

 

次に紹介する空き地も同様で、三角形の開発し損なった土地と思われる。

(no.141 茨城県龍ケ崎市

 

幹線道路沿いの△空き地

f:id:akichiniiko:20170530035435j:plain このブログで紹介した三角形の空き地は、これで5つ目だ。

撮影時に内部の様子を観察してみたが、何かに使われていた痕跡は見あたらなかった。

f:id:akichiniiko:20170530035550j:plain

f:id:akichiniiko:20170530035557j:plain

ここは交通量の多い4車線道路に面しているが、道沿いにはあまり民家が建てられていない。

おそらく騒音や排気ガスなどから住環境を守るためだろう。

ここも、同様の理由で少し奥まった場所に家が建てられ、その結果、手前の土地は残されたのだと推測できる。

(no.142 茨城県龍ケ崎市