読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

受水走水(うきんじゅはいんじゅ)

 

f:id:akichiniiko:20170306185833j:plain

沖縄県南城市の海に面した森に、「受水走水(うきんじゅはいんじゅ)」とよばれる聖域がある。

この聖域は、沖縄における稲作発祥の地と伝えられ、「受水(うきんじゅ)」「走水(はいんじゅ)」とよばれる二つの泉が存在している。

そして、泉のそばには神に祈るための小さな空き地や水田が設けられている。

上の写真が、聖域の入口付近から撮影した受水(うきんじゅ)前の風景だ。

 

f:id:akichiniiko:20170306185911j:plain

受水から湧き出た水は、この「御穂田(みふーだ)」とよばれる水田に流れ込んでいる。

 

f:id:akichiniiko:20170306190104j:plain

また、 御穂田(みふーだ)の奥には拝所(うがんじゅ)があり、そこに三角形の石が置かれている。

おそらく、これがイビ石とよばれるものだろう。イビ石とは、神の降り立つ標識、あるいは依り代のような存在とされる。

拝所の下にある泉からは、こんこんときれいな水が湧き出ていた。

 

f:id:akichiniiko:20170306185943j:plain

さらに、受水から少し離れた場所に「走水(はいんじゅ)」とよばれる泉がある。

そして、その前は祈りを捧げるための小さな空き地になっている。

 

f:id:akichiniiko:20170306190004j:plainf:id:akichiniiko:20170306190018j:plain

この3畳ほどの空き地が祭祀場だ。

f:id:akichiniiko:20170306190025j:plain

空き地の端に切り石(おそらく香炉)が置いてあり、その裏から水が流れ出ている。

撮影した時は気が付かなかったが、湧水はこの近くにある「親田(うぇーだ)」と呼ばれる水田に流れ込んでいるようだ*1

 

それにしても、沖縄における稲作発祥の地であり、神話や伝説にも登場する重要な聖地にもかかわらず、この質素なつくりは印象深かった。

沖縄以外の聖地(たとえば本州にある寺社) だったら、小さなものであっても木製の祠や御堂などが設けられたり、場所によってはきれいに石畳が敷かれたりするだろう。

例えば下の写真は、埼玉県の氷川女體神社(磐船祭祭祀遺跡)にある小さな円形の祭祀場である。

ここは走水前の空き地と同じくらいの広さだがしめ縄や紙垂(しで)のついた祠が設けられ、それが最も目を引く存在になっている。 

f:id:akichiniiko:20170425141912j:plain

(氷川女體神社磐船祭祭祀遺跡の一画 / 埼玉県さいたま市

 

同様に、以前訪れた熊野古道では、下の写真のような意匠をこらした祠もあった。

f:id:akichiniiko:20170425141917j:plain

 (熊野古道近辺の祠 / 和歌山県田辺市

 

もちろん、沖縄の御嶽の中にも、屋根が付いた祠が設けられている場所もある(石やコンクリート製のものが多いが)。

しかし、重要な聖地であるこの受水走水や、クバの御嶽、薮薩御嶽(やぶさつうたき)、友利御嶽(ともりうたき)など多くの御嶽には、凝ったデザインの人工物は見当たらない。聖域の中に、簡単に加工された石(イビ石や香炉)が置かれているだけである。そして、そのような自然に近い風景のまま、祭祀場として長い間維持されているのだ。 

御嶽と御嶽以外の聖地(寺社など)では、このような景観上の違いがあるため、神仏のイメージの仕方にも違いが生まれていた。

つまり、これまで私は、寺社に参拝する際、そこにある祠(または社殿)やお堂に向かって祈り、それらを通して神や仏を意識することが多かった。

しかし、御嶽を訪れた際は、人工物ではなく直にその空間全体を通して神を意識することが多かったのである

 

受水走水の周囲は薮(森)に囲まれているものの、適度に開けており暗い感じはしない。

かすかに水の流れる音が聞こえ、清浄さを感じさせる居心地の良い空間だった。

  

f:id:akichiniiko:20170306190041j:plain

 

(no.132 「受水走水」走水前の空き地 /  沖縄県南城市

 

*1:参考:湧上元雄、大城秀子『沖縄の聖地 拝所と御嶽』、むぎ社、2010年第四刷(1997年第一刷)、102〜105頁。