空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

用途不明の空き地(分類方法)

 

さまざまな空き地を訪れる中で、そこが何のために残された空き地なのかわからない時がある。

その土地の関係者に聞くことができればすぐにわかることだが、それらは第三者が一見しただけでは用途不明である。

ここでは、こうした一見しただけでは性格がよくわからない空き地たちを、とりあえず「分類保留」の意味でまとめておきたい。

もちろん、実はごくありふれた理由(物置き場など)で残されているだけの場所もあるだろうし、中には日常的に使われている場所もあるかもしれない。

 

また、これらの空き地には、独特の寂しい雰囲気や変な佇まいがあることが特徴である。

このような空き地を見つけると、私はしばらくその場に佇んで、その土地の性格や過去についてあれこれ想像して楽しむ。こういう空き地鑑賞の醍醐味は、用途がわからないからこそ自由に想像でき、様々な意味をその空間に与える遊びができることだと思う。