読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

宮城県東松島市浜市地区の空き地

自然によって生みだされる空き地 ー 自然災害によってうまれた空き地

 

f:id:akichiniiko:20161111165731j:plain

空き地の中を走る復興工事のトラック東松島市浜市地区)

 

 

空き地と畑が広がる被災地

 

f:id:akichiniiko:20161111170503j:plain

2016年10月13日。

野蒜地区をまわったあと、浜市(はまいち)地区の様子を見るため、石巻駅に向かう途中の陸前小野駅を下車した。

浜市地区も、先の津波により大きな被害を受けた地域である。

駅に着いた時は夕方近くだったので、とりあえず旧浜市小学校を目指して歩いてみることにした。

 

f:id:akichiniiko:20161111170843j:plain

駅から海に向かって歩いていると、住宅街の中に、建物が解体された後と思われる空き地が点在していた。

野蒜地区と同様、この地区の空き地にも、建物の基礎部分や塀の土台部分と思われるコンクリートが残されていた。

写真の場所には、かつて建物が建っていたが*1震災後に解体されたようだ。

 

f:id:akichiniiko:20161111170745j:plain

同じ空き地を横から見た様子。入口のような部分も見える。

 

f:id:akichiniiko:20161111170808j:plain

近くの道端には、解体跡のコンクリート片があった。

 

f:id:akichiniiko:20161111170555j:plain

この空き地は、災害によってできたものかどうかはわからない。しかし、手前と奥の地面がコンクリートと土に分かれているので、何かが建っていたと推測できる。 

 

f:id:akichiniiko:20161111173347j:plain

さらに歩いていくと、右手に建物の痕跡が残る広めの空き地が見えた。

 

f:id:akichiniiko:20161111173631j:plain

ここは外塀の基礎だけでなく、写真のように内部にも建物の基礎部分が残されている。

あとで調べたところ、ここに建っていた建物は、震災後少し経ってから解体されたようだ*2

 

f:id:akichiniiko:20161111172117j:plain

f:id:akichiniiko:20161111172133j:plain

ここが入口だったのだろう。門がついていて、車が出入りしていたのかもしれない。 

 

f:id:akichiniiko:20161112235533j:plain

ここは、奥の石の段差の上が空き地になっている。

かつて、この空き地の端に建物が建っていたようなので、ここは庭や畑として使われていたのだろう*3

 

f:id:akichiniiko:20161111173417j:plain

空き地の端には、庭石のようなものと植木も残されている。

 

f:id:akichiniiko:20161111173515j:plain

空き地の前には、使われているかわからない駐車場もあった。

 

f:id:akichiniiko:20161111172539j:plain

先ほどの空き地の隣にあった、別の空き地。

震災前後の航空写真を参照した限りでは、この空き地の奥にもかつて建物が建っており、手前はその庭として使われていたようだ*4

 

f:id:akichiniiko:20161111174219j:plain

この空き地も、塀の基礎が残されており、かつて家が建っていたと考えられる。

 

f:id:akichiniiko:20161111174126j:plain

何かの標識の土台も残されていた。

 

f:id:akichiniiko:20161111174930j:plain

回り道をしながら、旧浜市小学校を目指して歩く。

工事事務所と思われるプレハブがあり、この辺りではトラックが頻繁に行き来していた。

 

f:id:akichiniiko:20161111174305j:plain

さらに進むと、そこには空き地が広がっていた。

この辺りは、東松島市浜市地区城内(じょうない)にあたる。

 

f:id:akichiniiko:20161111174353j:plain

セイタカアワダチソウの空き地の中を進む。

 

f:id:akichiniiko:20161111174758j:plain

少し歩くと、右手には畑が広がっていた。

ここ城内には、震災前には多くの家が建ち並んでいたのだが*5、今はこのように空き地や畑だけが広がっている。

 

f:id:akichiniiko:20161111174841j:plain

f:id:akichiniiko:20161111174512j:plain

この辺りの畑では大豆を栽培しているようだ。

 

f:id:akichiniiko:20161111174432j:plain

大豆畑の先には工事中の丘があった。

後日地図で確認したところ、この丘のあたりに小川(用水路?)が流れている。詳細はわからないが、復興事業の一環として、この小川に高い堤防を築いているのかもしれない。

 

f:id:akichiniiko:20161111174537j:plain

作業中のトラックが丘の上を何度も行き来していた。

 

f:id:akichiniiko:20161111174719j:plain

奥の方ではショベルカーが作業をしている。

 

f:id:akichiniiko:20161111175033j:plain

大豆畑を通過し、少し歩くとようやく小学校が見えてきた。

 

f:id:akichiniiko:20161111175104j:plain

ここが、東松島市立浜市小学校の跡地だ。

津波襲来時、幸いにも児童や教職員に犠牲者は出なかった。(詳細は、下記の朝日新聞デジタルの記事を参照。)

asahi.com(朝日新聞社):〈学びと震災〉先生ら機転 犠牲者ゼロ 宮城県東松島・浜市小 - 小中学校ニュース - 教育(2011年5月9日)*6

 

f:id:akichiniiko:20161111175335j:plain

 

浜市小学校は、津波の被害を受けて2013年3月に閉校となった。

三陸河北新報社の下の記事によれば、現在、この校舎は民間企業に貸し出されており、今後植物工場&レストランとして有効利用されるそうだ。

NEWS石巻かほく:旧浜市小の有効活用 東松島市、企業に貸与 植物工場に|メディア猫の目(2016年5月27日)*7

 

 

f:id:akichiniiko:20161111175220j:plain

津波は、校舎の1階と2階の踊り場まで到達したという。

 

f:id:akichiniiko:20161111175046j:plain

おそらくこれは体育館だろう。

すぐそばに太陽光パネルが設けられている。ここが植物を栽培する工場なのだろうか。

 

f:id:akichiniiko:20161111175125j:plain

小学校の前辺りにあった空き地。

 

f:id:akichiniiko:20161111174443j:plain

小学校の裏にも使われていない空き地がある。

 

f:id:akichiniiko:20161111174328j:plain

同じく、小学校裏手にあった空き地。

浜市地区には、このような空き地がいくつも存在していた。

 

f:id:akichiniiko:20161111175515j:plain

自販機だけが置かれた空き地(駐車場?)もあった。

 

そろそろ日が暮れてきたので、撮影を切り上げ再び陸前小野駅に向かう。

駅の周辺は、比較的建物が多く建っている。しかし、それ以外の多くの場所では「空き地の中に建物が点在している」という印象を受けた。

これは野蒜地区で感じた印象と同じだ。

 

津波襲来時に全壊を免れたとしても、後日取り壊された建物はかなり多いのではないだろうか。

また、この地区では、かつて住宅街だった場所が、既に畑などに再利用されている例を見ることができた。

  

(no.108 被災地の空き地(東松島市浜市地区)/ 宮城県東松島市

 

 

 

*1:2011年4月6日の航空写真(『Google Earth』(構築日2016年9月6日))を参照。以下の脚注の「Google Earth」も全て同じ構築日。

*2:「未来へのキオク」付属のストリートビューを参照。2013年5月撮影の画像にはまだ建物が建っていたことがわかる。参照:未来へのキオク

*3:Google Earth」の2011年4月6日の航空写真を参照。

*4:Google Earth』の2010年4月4日、2011年4月6日の航空写真を参照。

*5:Google Earth」の2010年4月4日の航空写真を参照。

*6: 参照:朝日新聞デジタル「〈学びと震災〉先生ら機転 犠牲者ゼロ 宮城県東松島・浜市小」(2011年5月9日付)http://www.asahi.com/edu/student/news/TKY201105090120.html

しかし、校舎に避難してきたお年寄りが1名亡くなっている。(参照:宮城県ホームページ 「震災の記録-震災当日から学校再開まで,そして間借りしての学校生活- 東松島市立浜市小学校」http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/12366.pdf

*7:参照:三陸河北新報社サイト NEWS石巻かほく「旧浜市小の有効活用 東松島市、企業に貸与 植物工場に」(2016年5月27日付記事)http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/05/20160527t13007.htm