読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

宮城県東松島市野蒜地区の空き地 ②

 

自然災害によってうまれた空き地 ①(宮城県東松島市野蒜地区 その1) - 空き地図鑑 の続き) 

 

f:id:akichiniiko:20161025000443j:plain

さらに海に向かって歩いていくと、震災前に使われていた仙石線の線路もあった。

もちろん、今は廃線になっている。

 

f:id:akichiniiko:20161026180832j:plain  f:id:akichiniiko:20161025000518j:plain  

現在、復旧・再開発事業が盛んに進められているので、道沿いの空き地には工事事務所と思われるプレハブがいくつも建っていた。

 

f:id:akichiniiko:20161026220908j:plain

相変わらず、周辺には空き地が多い。

 

f:id:akichiniiko:20161025000649j:plain

中にはこの場所のように解体中の建物もあった。

 

f:id:akichiniiko:20161026181625j:plain  f:id:akichiniiko:20161026181645j:plain

空き地の中には、建物の土台が残っていない所も多い。

しかし、よくみると水道メーターや配管などが残っていて、ここが人家だったことがわかる。

 

f:id:akichiniiko:20161026181829j:plain    f:id:akichiniiko:20161028225319j:plain  f:id:akichiniiko:20161026181831j:plain

 

道沿いにも津波のものと思われる痕跡があった。左上のブロックは、なにか大きなものが流され削られた跡のようにみえる。他には、折れた標識の跡が残っていた。

復興が進み、周りの景観がきれいになっていくと、逆にこうした僅かな痕跡に目が行ってしまう。 

 

道路では、がれきや資材を運んでいるトラックがひっきりなしに往来しており、あちこちで作業する人の姿も多くみられる。

空き地ばかりなので景観としては殺風景なのだが、この辺りでは侘しい印象はほとんどない。むしろ、復興の活気があり賑やかな感じがする。

 

f:id:akichiniiko:20161026182226j:plain

さらに海に向かって歩いていくと、東名運河に差し掛かった。

ここでも護岸の復旧工事が行なわれていた。

 

f:id:akichiniiko:20161026182153j:plain

 

f:id:akichiniiko:20161028164304j:plain

f:id:akichiniiko:20161028201123j:plain  f:id:akichiniiko:20161028201128j:plain

護岸整備がされる一方で、運河にはまだ津波の痕も残っていた。

 

f:id:akichiniiko:20161029101822j:plain  f:id:akichiniiko:20161026222437j:plain

運河を渡ると道沿いに食堂がある。この辺りで食事ができる場所は、ここしかなさそうだ。

また、上空ではたびたび自衛隊の航空機が通過していき、その度に大きな音が轟いていた。 

 

f:id:akichiniiko:20161026222132j:plain

運河を越えてからは、左右を見渡してもほとんど建物が見当たらず、空き地だけが広がっている。

東名運河を境界とし、ここから海までの範囲は、今後住宅地としては開発できないらしい。

 

f:id:akichiniiko:20161028162300j:plain

この辺りはもともと畑だったようだ。今は雑草の生えた空き地となり、奥のほうでは整地作業が行われていた。また、ところどころ工事関係の事務所や、工場らしき建物も見える。

 

f:id:akichiniiko:20161028163501j:plain

道の途中で、使われていない車も置いてあった。おそらく、津波の被害を受けたものだろう。

 

f:id:akichiniiko:20161028162332j:plain

海に近づくと、コンクリートで整地されていない道もあった。

 

f:id:akichiniiko:20161028162818j:plain

もともとこの一帯には建物が点在していたが、いまはセイタカアワダチソウの群生する空き地だけが広がっている。

 

f:id:akichiniiko:20161026222220j:plain

f:id:akichiniiko:20161026222227j:plain

少し進むと、空き地の中に雑草のあまり生えていない一画があった。

あとで調べたところ、この辺りに乗馬クラブがあったようだ。

 

f:id:akichiniiko:20161026222314j:plain  f:id:akichiniiko:20161026222322j:plain

だいぶ海に近づいてきたが、海岸は防潮堤の工事が行なわれており、近づくことができなかった。

この付近の空き地には、護岸工事用と思われるブロックが置かれていた。

 

f:id:akichiniiko:20161028162538j:plain  f:id:akichiniiko:20161028225118j:plain

別の道沿いには、コンクリート片の瓦礫の山もある。

 

f:id:akichiniiko:20161028164941j:plain

f:id:akichiniiko:20161028163324j:plain

海近くに取り壊し中の建物があった。おそらく、これはかんぽの宿の建物と思われる。

ここはもう、海から400mくらいの場所だ。 

 

f:id:akichiniiko:20161028162615j:plain

この付近はまだ再開発が進んでいないようだ。

使われていない古い道路があり、ところどころ割れた箇所から雑草が生えてきている。

 

f:id:akichiniiko:20161028164906j:plain

電線が切れたまま、放置されている電柱もあった。

 

f:id:akichiniiko:20161028163404j:plain

津波で傷ついたのか、あるいは解体作業で傷ついたのか、大きな瓦礫もまだ残っている。

 

f:id:akichiniiko:20161028163352j:plain

解体・整地作業中の空き地。

 

f:id:akichiniiko:20161028163426j:plain

この辺りに来ると、人はほとんど見かけない。

夕暮れと相まって、周囲には物寂しい空き地の風景が広がっていた。

 

宮城県東松島市野蒜地区 ③ へ続く)