読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

ノロ屋敷跡

文化的機能を持つ空き地 – 記念物の空き地

 

f:id:akichiniiko:20160802154337j:plain

 

上の写真は、知念城(沖縄県南城市)の城外にあるノロ屋敷跡である。

「ノロ」とは沖縄における女性祭司のことで、地域の祭礼を主導する役割を担っている。かつて琉球王国では、制度として女性祭司が組織され、ノロはこの組織の末端に位置していた*1

ここにあった屋敷がいつ建てられたかは不明だが、おそらく琉球王国時代と思われる。

 

空き地の周囲は石垣と樹木で囲まれており、その内部には写真のように屋敷の基礎部分が残されていた。

そこを観察すると、石積みによって階段が形づくられていたり、スペースがいくつか区分けされているのが確認できた。

史跡の中には、建物の痕跡がほとんど見あたらない場所がある。そのような場所では、そこに建っていた建物の姿は想像しにくい。

しかし、ここではこれらの痕跡がみとめられるので、その分過去の姿は想像しやすいだろう。

(no.83 ノロ屋敷跡 / 沖縄県南城市) 

                                

 

*1:大島建彦・薗田稔・圭室文雄・山本節編『日本の神仏の辞典』、大修館書店、2002年(初版2001年)、「ノロ」991〜993頁を参照。