読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

使われていない駐車場

 

f:id:akichiniiko:20160521203101j:plain

 

駐車場の中には、混雑時などにしか使われず、普段はがらんとしているものがある。

上の写真は、今帰仁城跡公園(なきじんじょうあとこうえん)に設けられた予備駐車場の一つである。

訪れた際は開園時間内だったが、車が一台も駐車されていなかった。また、写真の場所以外にも複数の予備駐車場があったが、ここと同様にがらんとしていた。

今帰仁城跡は世界遺産にも登録されており、人気の観光地となっている。

しかし、公園の入口近くに広い駐車場があるため、普段はそこが主として使われ、ここは混雑する行楽シーズンや、修学旅行生などの団体客が訪れる際に利用されるものと思われる。

なお、撮影時は細かい砂利が敷かれた駐車場だったが、最近はコンクリートで整地されたようだ。

 

 (no.70 今帰仁城跡公園の駐車場  /  沖縄県国頭郡

 

 

 

f:id:akichiniiko:20160711165135j:plain

  (no.71 住宅街の使われていない駐車場  /  茨城県龍ケ崎市

 

写真は、住宅街にある一台分の駐車場である。

奥にみえる青いプレハブ小屋とセットになっているのだろう。長い間使われている形跡はなく、また、手入れもされていない。

 

f:id:akichiniiko:20160521225729j:plain

 

中には細かい砂利が敷かれ、それを囲うように雑草が伸びている。また、砂利が敷かれた中にも、雑草がまばらに生えている。

ここに石などを加え、少し形を整えれば、雑草を島、砂利を水面に見立てた枯山水がつくれそうである。 

ここは、これからどうなるのか注目していたが、最近、奥のプレハブ小屋とともに壊され、新しい空き地になっていた ↓

 

f:id:akichiniiko:20160711165230j:plain

(no.72 住宅街の空き地 / 茨城県龍ケ崎市) 

 

 

 

f:id:akichiniiko:20160528220348j:plain

 

上は、三角形の駐車場と思われる空き地で、おそらく奥の家が所有する土地だろう。

乗用車なら、1台は駐車できそうな広さがある。

月に一度はこの前を通るのだが、今まで使われているのを見たことがない。

もともと使われていたが、何かの理由で使われなくなったのだろうか。

 

(no.73 東京都小金井市