空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

「超芸術トマソン」の空き地 2

 

f:id:akichiniiko:20160627222550j:plain

(no.60 東京都渋谷区)

 

北参道駅近くの歩道にあった謎の閉鎖空間である。

赤瀬川原平超芸術トマソンについては「超芸術トマソン」の空き地 - 空き地図の中でも紹介した。

この記事で紹介する空き地も、赤瀬川らが分類した「境界」物件にあたるものだろう。

 

トマソン大図鑑 空の巻』のなかでは、このような空き地について、「歩道と車道の間の狭い一区域が、ガードレールで完全に囲われて閉じた空間となっているものなど、理解に苦しむ」と述べている*1

上の写真の空き地は、歩道の中に設けられているので、さらに理解に苦しむ。

たぶん、違法駐車・駐輪対策として、勝手にスペースが利用されないようにするために設けられたのだろう。

または、赤瀬川が「おそらくは行政上の法解釈の杓子定規で生じたものだろう」*2と述べているように、道路法や道路構造令など何らかのルールによってつくられているのかもしれない。

 

どちらにしても、道路をつくった後に使えない土地として残されたようだが、事情を知らない私としては、単純にスペースがもったいなく感じる。

広い歩道の方が、歩きやすいだけでなく、街の景観としてもゆとりがあって良いだろう。

ともあれ、じっくり眺めていると、囲まれた内部空間が意味ありげに見えてくるのが面白い。囲うという行為には、囲われた中を保護したり、所有していることを示したり、さらに、宗教的に特別な領域(聖域)を設けるなどの意味がある。

つくられた経緯がわからない空き地の面白さは、様々な意味について自由に想像できることにある。 

また、東京都小金井市にも、ガードレールに囲われた空き地があった(下の5ヵ所)。これらは、車道と歩道の間に設けられていた。しかし、歩道は十分な広さが確保されているので、この空き地が特別邪魔という感じはしない。

 

f:id:akichiniiko:20160627222613j:plain 

f:id:akichiniiko:20160627222635j:plain 

f:id:akichiniiko:20170501140147j:plain 

f:id:akichiniiko:20170501140214j:plain 

f:id:akichiniiko:20170501140248j:plain

 

ガードレールは、道路に恒常的に設置されているものもあれば、重たいブロックなどで仮設的に置かれているだけのものもある。

ひょっとしたら、この道路はいずれ広い道路として再開発され、その時にこれらの空き地は環境施設帯にあるような緑地になることも考えられる。(→ 参照 : 環境施設帯(かんきょうしせつたい)の空き地 - 空き地図鑑

これから数年、あるいは数十年先にはどのような姿に変化しているだろうか?

一度訪れただけの私にとっては、興味の対象になる空き地だが、付近の住人としては環境施設帯のきれいな歩道を望むだろう。

 

(上からno.61〜no.65 東京都小金井市) 

 

 

 

*1:赤瀬川原平トマソン大図鑑 空の巻』、筑摩書房、1996年、219頁。

*2:同上、219頁。