読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

斎場御嶽(せーふぁうたき)

文化的機能を持つ空き地 – 祭祀場の空き地

 

f:id:akichiniiko:20160602212701j:plain

 

沖縄本島南城市にある斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球神話に登場するアマミキヨという創世神がつくったと伝えられている。琉球王国において最も位の高い御嶽であり、国王が親拝し続けた歴史がある*1

また、現在は国の史跡に指定されており、ユネスコ世界遺産にも登録されている。

この御嶽には、複数の祭祀場が点在しており、どれも大きな岩や樹木などの自然に囲まれた神秘的な空き地だった。

 

 

 

f:id:akichiniiko:20160602212749j:plain

 

上の写真は、大きな岩壁と森に囲まれた空き地で、その一部が拝所になっている。写真では見えづらいが、正面の岩から二本の鍾乳石が突き出ており、水が滴り落ちて下にある二つの壷に溜まっている。

これらの壷が置かれた場所が「チイタイイシ」と呼ばれる拝所である*2

二つの壷に溜まった水は、以前聖水として扱われ、正月の若水とりの儀式に使われたり、この場で吉兆占いが行なわれたりしていたそうだ*3

(no.51:「チイタイイシ」前の空き地 斎場御嶽/沖縄県南城市

  

なお、上の写真の左側に見える三角形の穴を通ると、三庫理(さんぐーい)とよばれる聖域にいたる(下の写真)。

f:id:akichiniiko:20160613111812j:plain

f:id:akichiniiko:20160613111941j:plain

 

この聖域も、岩壁に囲まれた空き地であり、地面は石畳で整備されている。

また、右側の岩壁が「チョウノハナ」とよばれ、下に香炉が置かれている。そして、この壁をとおして天空を拝んでいたそうだ*4

上を見上げると樹木が生い茂り、その隙間から空が見える。 

 

f:id:akichiniiko:20160613111852j:plain

この場所はほどよい広さになっていて、落ち着いた雰囲気がある。

神聖な存在を感じられる、静かな空間だった。

また、この聖域の東側はぽっかりと海に向かって空いており、ここから久高島(くだかじま)を望み遥拝する。 

 

f:id:akichiniiko:20160602212846j:plain

海の上に白く見えるのが久高島である。

ちなみに、久高島は、アマミキヨが天から降り立った神聖な島として古くから崇拝されている。

(no.52:三庫理(さんぐーい)と、チョウノハナの拝所) 

 

 

f:id:akichiniiko:20160602212813j:plain

(no.53 : 大庫理(うふぐーい))

 

また、斎場御嶽内には、上の写真の大庫理(うふぐーい)や、下の写真の寄満(ゆいんち)とよばれる祭祀場もある。

現地の標識によれば、これらの場所でも神職たちが王国の繁栄を祈ったり、吉兆を占ったりしていたそうだ。両者とも、樹々や巨石に囲まれた空き地であり、その内部は一部石畳などで整備されている。

なお、大庫理(うふぐーい)の空き地も、写真のように石畳が敷かれているが、「もとは芝草の生えた庭(ナー)」*5だったようだ。他の場所も、昔は現在の姿よりもさらに素朴で、ほとんど自然に近い状態だったのかもしれない。

 

 

 

 

f:id:akichiniiko:20160602212730j:plain

(no.54 : 寄満(ゆいんち))

 

これらの祭祀場は、神話ではアマミキヨがつくったといわれている。

実際、この御嶽は元々どのようにしてできた祭祀場なのだろうか?

たとえば、何らかの自然的要因で森の中に空き地が生みだされ、そこに神秘性を感じた人々がそこを聖域とみなしたのかもしれない。つまり、自然がつくった空間(空き地)そのものを神聖視したケースが考えられる。

あるいは、巨岩などを神聖視し、その前に拝むための空き地を新たに設けたのかもしれない。これは、祈りの場として空き地をつくったケースである。

斎場御嶽がどのような起源をもっているか詳しく調べていないのでわからないが、色々と想像が膨らんでしまった。

斎場御嶽で見られる人工物は、簡素な石灯籠、香炉、壷、石、そして、要所に敷かれた石畳である。

社(やしろ)などの建築物や、神の姿を表現した像や絵は見あたらない*6

 

この御嶽では、巨大な岩の存在が印象的だったが、それよりも、聖域内に漂う幽邃な空気感のほうが印象深かった。ここでは、物に注目するよりも空間そのものを体感することが重要なのだと思う。

 

 

 

 

 

*1:大島建彦・薗田稔・圭室文雄・山本節編『日本の神仏の辞典』、大修館書店、2002年(初版2001年)、730〜731頁参照

*2:湧上元雄、大城秀子『沖縄の聖地 拝所と御嶽』、むぎ社、2010年(1997年第一刷)、43〜44頁参照。

*3:現地設置の案内板による。また、下中邦彦編『大百科事典 15』の記述によれば、琉球王国時代、王は元旦の朝に汲んだ水(若水)を額につける「お水撫で」の儀礼を行なっていた。これは「生命の更新をはかる」ためとされ、民間でもその習慣があったという。(下中邦彦編『大百科事典 15』平凡社、1985年、「わかみず 若水」1310頁)

*4:前掲、湧上元雄・大城秀子『沖縄の聖地 拝所と御嶽』、44〜45頁参照。

*5:前掲、湧上元雄・大城秀子『沖縄の聖地 拝所と御嶽』、42頁。

*6:前掲、湧上元雄・大城秀子『沖縄の聖地 拝所と御嶽』によれば、戦前までは大庫理(うふぐーい)には「瓦葺きの殿があったといわれる」そうである。(同書42頁)