空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

余ってしまった場所

 

f:id:akichiniiko:20160406102947j:plain

ここは、偶然に余ってしまったか、あるいは、何らかの理由で残されたと考えられる土地だ。

写真の正面から左側にかけてマンションが建ち、右側にも別のビルが建っている。

 

f:id:akichiniiko:20160406101158j:plain 

二つのビルの外観は比較的新しく、敷地内は整備され管理も行き届いているようにみえる。しかし、この空き地だけ、雑草が生えたまま放置されている。

もしかしたら、ここは隣接する建物の敷地には含まれず、別の独立した土地なのかもしれない。

また、マンションのゴミ集積所とも考えられたが、手前に柵(杭)が立てられたままで使われているようにも見えなかった。

(no.19 東京都武蔵野市) 

 

 

f:id:akichiniiko:20160405222530j:plain

上の写真は、歩道に囲まれた幅2m、奥行き1mほどの小さなデッドスペースだ。

広い通りから撮影したもので、歩道を写真の奥に進むと国際展示場駅にいたる。人通りの多い場所にあり、また、窪んだ場所なのでゴミがたまりやすいのだろう。

このスペースに歩道と同じくらいの高さの花壇を設置すれば、見栄えはいいのかもしれない。

それにしても、なぜ直線的に歩道を敷かず、わざわざこの空間を避けてつくったのか不思議である。

  

(no.20 東京都江東区)