読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

「超芸術トマソン」の空き地 (余ってしまった土地について)

利用されていない土地 – 余ってしまった土地

 

何かをつくる過程で使われずに残ってしまったような土地や、何かの理由で利用や開発を控えている土地がある。

これらの土地は、「デッドスペース」*1と呼ばれることもあり、これからも使われないままにされる可能性が高いだろう。

 

ここで紹介するデッドスペースに似たものとして、赤瀬川原平をはじめとする芸術家たちがつくった「超芸術トマソン」という概念がある。

これは、ある芸術家の作品をもとに生まれたものではなく、路上でみられる階段やガードレール、窓、門などの様々な工作物を観察することで発見された美を意味している。

そこでは、何らかの事情でそれ本来の機能が封じられてしまった路上の工作物や、補修や改築などにより意図せず残ってしまった物の痕跡などを「超芸術トマソン」として扱っている*2

たとえば、無意味な場所に設置され、階段本来の役割を果たしていない階段を「無用階段」と名付けたり、何かに塞がれて使えなくなった門の痕跡などを「無用門」とよんで分類している*3

そして、この概念の中に「境界」とよばれるものがあり*4、ガードレールで囲われた目的不明の狭い閉鎖空間を「空間のトマソン」と名付けている*5

 

下にある写真は、歩道橋下の空き地である。ここはまさに、「空間のトマソン」に当てはまりそうな場所だ。高架の下にできた空き地は、駐輪場や駐車場などに有効利用されることがある。しかし、下の写真の空き地はガードレールで塞がれているため、しばらくの間使われることはないだろう。

 

f:id:akichiniiko:20160322132218j:plain

(no.16 茨城県龍ケ崎市

 (その他の「境界」の空き地 →「超芸術トマソン」の空き地 2 - 空き地図鑑 

 

 

f:id:akichiniiko:20160322132348j:plain

ここは、デパートの本館と別館の間にあるデッドスペースと考えられる場所で、白い花柄のタイルが敷かれた一画はそれなりの広さをもつ。

しかし、ここにはベンチや灰皿などが設けられておらず、休憩場や喫煙スペースではない。

また、写真の手前から左端にかけて視覚障害者が通るためのタイル貼り歩行路が設けられている。そして、この通行路以外すべて行き止まりになっている。

実は、ここは近年行なわれた改修工事に伴い、エスカレーターや階段が新設された場所である。したがって、写真の一画は、再開発によって偶然に生まれたデッドスペースと考えられる。

(no.17 千葉県柏市

 

*1:「デッドスペース」とは、「有効に使えない無駄な空間・場所」という意味である。(松村明三省堂編修所編『大辞林 第三版』、三省堂、2006年、1730頁。)

*2:赤瀬川原平トマソン大図鑑 無の巻』所収の「トマソンとは何か?」には、「超芸術トマソン」という概念がつくられていく経緯が述べられている。それによれば、この概念は「路上の物を芸術寄りの目で見ていくという遊び」(赤瀬川原平トマソン大図鑑 無の巻』筑摩書房、1996年、17〜18頁。)から始まったもので、この芸術には「「作家」に当たるものがない」(同書20頁)ことや「ひたすら見つけるだけで作るものではない」(同書21頁)と説明されている。このように、おもに路上で観察できる工作物のうち、「使いようがなくて無用になっているけれども、何かたたずまいが変な物」をトマソンと定義している(赤瀬川原平トマソン大図鑑 空の巻』、筑摩書房、1996年、「トマソン探しの楽しみ」8頁。)

*3:前掲、赤瀬川原平トマソン大図鑑 無の巻』の23〜79頁に掲載されている「無用階段」と、81〜147頁に掲載されている「無用門」を参照。

*4:前掲、赤瀬川原平トマソン大図鑑 空の巻』の217〜249頁には、「何を仕切っているのか推察不能」のガードレールや柵などを「境界物件」と命名して分類している(同書219頁)。

*5:前掲書、222頁。