読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

文化的機能を持つ空き地 – 記念物の空き地

田端・田端東遺跡(たばた・たばたひがしいせき)

上の写真は、ストーンサークル(環状列石) - 空き地図鑑でも紹介した東京都町田市にある縄文時代の遺跡である。 遺跡とはいうものの、現在は雑草に覆われて何も見えない。しかし、この空き地の下から約5000年〜2800年前(縄文時代中期から晩期)につくられ…

ノロ屋敷跡

上の写真は、知念城(沖縄県南城市)の城外にあるノロ屋敷跡である。 「ノロ」とは沖縄における女性祭司のことで、地域の祭礼を主導する役割を担っている。かつて琉球王国では、制度として女性祭司が組織され、ノロはこの組織の末端に位置していた*1。 ここ…

塩川(しおかわ)の空き地

(no.82 塩川の空き地 / 沖縄県国頭郡本部町) 沖縄県国頭郡本部町に、国の天然記念物に指定された「塩川(しおかわ)」がある。 名前のとおり塩水が湧き出る珍しい川で、このような川は世界でこの場所とプエルトリコの2ヵ所しかないといわれている*1。 塩水…

上田城跡 / 円覚寺跡 の空き地

ここは、長野県上田市の上田城跡内にあった石垣跡(本丸西虎口)である。 上田城は、16世紀に真田昌幸によって築かれた城で、国の史跡に指定されている。なお、この城は関ヶ原の戦いの後に一度壊され廃城になったが、その後の江戸時代中に再建された歴史があ…

北条氏常盤亭跡(ほうじょうしときわのていあと)

神奈川県鎌倉市にある北条氏常盤亭跡は、鎌倉時代に北条一族の有力者が建てた別邸跡で、国の史跡に指定されている。 上の写真は、道路からみた別邸跡の一部である。 一見ただの空き地にしか見えないが、ここから何らかの遺構が見つかったと考えられる。 なお…

記念物(きねんぶつ)の空き地について

文化的機能を持つ空き地(分類方法) - 空き地図鑑でも述べたとおり、「記念物」は文化財の一つで、国や地方公共団体などにより保存・管理されている。 この分類で紹介する場所の多くは、過去に建てられた建物の跡であり、それらは「史跡」として保存されて…