読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地図鑑

空き地、更地、使われていない資材置き場、オープンスペース、祭祀場、住居跡地など、「空いている場所」がもつ様々な機能、意味、魅力を探ります。      (※本ブログに掲載の写真および文章の無断使用(転用・転載など)は禁止しています。)

クトジ御嶽

ここは、うるま市の海辺にあるクトジ御嶽である。 この御嶽は、樹木と背の高い草むらに覆われて目立たず、隠れるように存在していた。そのため、なかなか見つけ出せず、付近の住人に尋ねてようやく辿り着くことができた。 この御嶽の入口には市の標識が立て…

東の御嶽(あがりのうたき)

沖縄県うるま市の浜比嘉島(はまひがじま)に、「東の御嶽(あがりのうたき)」がある。 ここは、大木の下にある空き地が聖域になっており、これまで訪れた御嶽の中でも印象深い場所だった。 訪れた日は、那覇市を出発し、浦添、宜野湾、沖縄市などいくつか…

ストーンサークル(環状列石)

ストーンサークル(環状列石)は、主に先史時代につくられた祭祀場であり、インド、アフリカ、ヨーロッパ、中東、東アジアなど世界各地でみられる。 その性格も様々で、墳墓の一部としてつくられたもの、石自体が信仰の対象になっているもの、聖域を囲む垣と…

氷川女體神社磐船祭祭祀遺跡(ひかわにょたいじんじゃいわふねまつりさいしいせき)

埼玉県さいたま市にある氷川女體神社の前には、江戸時代につくられた屋外の祭祀場が残されている。 ここは、現時点においても古い祭祀の様子がうかがえる貴重な空間である。 祭祀遺跡の入口から撮影。 道を挟んだ向かい側に、氷川女體神社がある↑ 祭祀遺跡の…

友利御嶽(ともりうたき)・知念城(ちねんじょう)付近の拝所

知念城(ちねんじょう / ちねんぐすく)は、12世紀前後か、またはそれ以前につくられた古い城と考えられている*1。また、この地は琉球王国時代の国王の巡礼地の一つである。 この知念城の一画に、不思議な佇まいの円形の空き地があった。 この空き地は、海に…

玉城城跡の拝所 塩川付近の拝所

上は、玉城(たまぐすく)城内にあった拝所(うがんじゅ)の空き地である。 現地の標識*1によれば、城の築城年代や歴代の城主は定かになっておらず、この城は創世神のアマミキヨが築いたという伝説もあるそうだ。 なお、城内にはこの拝所の他に「天つぎあま…

斎場御嶽(せーふぁうたき)

沖縄本島の南城市にある斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球神話に登場するアマミキヨという創世神がつくったと伝えられている。琉球王国において最も位の高い御嶽であり、国王が親拝し続けた歴史がある*1。 また、現在は国の史跡に指定されており、ユネスコ…

クバの御嶽(くばのうたき)

写真は、沖縄県の国頭郡今帰仁村(くにがみぐんなきじんそん)にあるクバの御嶽にある空き地である。 村が設置した標識によれば、年に2回、この御嶽に神職や村人たちが集まり、子孫繁栄や航海安全などを祈願するようだ。 ここは、森に覆われた丘全体が聖域に…

祭祀場(さいしじょう)の空き地 – 御嶽について

日本では、古くから巨石、巨木、滝、山などの自然物を敬い、それらに宿る神を信仰してきた。 古い祭祀場には、今日の神社でみられる本殿や拝殿などの建築物は建っておらず、簡素な祭壇や結界された土地などを、神の仮住まいの場所として祭祀に利用していた*1…